*

サボりではない、時には休むことも必要。

上腕二頭筋の後は上腕筋と前腕のトレーニングをおこないました。 前腕は昨日おこなう予定でしたが昨日も仕事内容が激務でありヘロヘロになりながらもしようとダンベルに手を伸ばしたのですが、また何回もプレートを付け変えスクリュータイプのカラーを高速回転させ回し外さないといけないのかと思いトレーニングを止めることにしました。 前腕を鍛えるリストカールを1セット目に13キロで20回おこない、インターバルを挟まずに上腕筋を鍛えるダンベルリバースカールをおこないました。 前腕と上腕筋は拮抗筋なので交互に鍛えることにより片方ずつ鍛えるよりもさらにパンプアップさせる事が出来ます。またリバースカールをした次のセットは上腕筋と上腕二頭筋長頭を鍛えるハンマーカールに交互におこないました。 リバースカールの方が重量を扱えないので次のセットに同じ重量でハンマーカールをおこなうと丁度良い重さになり一々ダンベルを交換させなくて済みます。 リバースカールは効くに効くのですがダンベルだと手の甲を平行にする事が難しくバーベルでおこなうと持ちにくいのでWバーかEZバーのどちらかでも置いてくれないかと思いながらこなしていきました。 求人情報を探すなら薬剤師転職非公開トリプルx


コメントする