*

ポットの蓋が開かなくなってしまいました

寒さのせいなのかよく分かりませんが、普段使っているポットの蓋が急に開かなくなってしまいました。大き目の蓋なので、手に力が入りづらくてお手上げ状態でした。 そんなときにふと、ジャムの瓶の蓋が開かないときには、蓋を温めたり叩いたりすると良い、と聞いたことがあるのを思い出しました。 さっそくお湯を沸かして、耐熱ボールにお湯を注ぎました。そして、ポットを逆さまにして、蓋の部分をお湯につけて温めました。1分くらいそのままにしておいたあと、お湯から引き上げて、水滴をタオルで拭きました。 そして、蓋を捻ってみると、なんと無事に開けることができました。 お気に入りのポットだったので、このまま使えなくなったら嫌だなと思っていたのですが、また使えるようになって嬉しかったです。 ポットを使ってお湯を保温しておくと、いちいちお茶を入れるたびに沸かさなくて良いので、節約になります。 節約は小さなことから、コツコツすることが大切だと思うので、これからの季節もこのポットとともに乗り越えてゆきたいと思います。 一番お得な太陽光発電ギラギラステーション


コメントする